マンション専属専任と他との違いを解説

契約の種類の違いを解説・紹介していきます

マンションの仲介を不動産会社に依頼するとき、締結する媒介契約は3種類あります。
それぞれ特性に違いがありますので注意して選ぶ必要性があるので
当サイトでの解説・紹介をご覧頂き参考にして頂ければ幸いです。

 

TOPページでも少し掲載していますが、このページでは詳しめに掲載しています。

 

媒介契約とは、マンション(不動産)の売買のときに売り手が不動産会社と結ぶ契約のことです。
「媒介」という言葉はあまり使われませんが、意味としては「仲介」と同じだと判断してもらって間違いありません。
媒介契約の内容としては、契約期間・仲介手数料・売却金額などが決められています。

 

 

媒介契約の違いをそれぞれ説明します

 

 

媒介契約には種類が3つあり、それぞれ似た部分もあれば全く異なる部分があったりと違いが多いです。

  • 専属専任は専任が進化したタイプの契約か?
  • 一般媒介は「一般」という言葉が付いているから一般的に選ばれている契約なのか?
  • 「専任」「専属専任」ということは、もしかして「マンツーマン」の意味合いが含まれているのではないか?

などと漢字の意味から直感的に想像できるかもしれませんが、
当てはまってる部分もあれば間違いの部分もあります。
それでは、確認してきましょう。

 

一般媒介契約

複数の不動産会社に依頼することが可能です。また、自分でお客さんを見つけることも出来ますので
より多くの人に自分のマンションを知ってもらうことが可能な媒介契約です。
契約は結ぶものの、その有効期間は存在しません。不動産会社と相談して決めましょう。
レインズの登録は任意です。もし、あなたがマンションの登録を依頼したいのであれば
登録することも可能です。
一般媒介ということで複数社と契約しているので、
不動産会社の営業報告は任意です。いちいちマンションの売れ行きについて報告する義務はありません。

 

 

専任媒介契約

一般媒介と違い、専任媒介契約は複数の不動産会社と契約を結ぶことはできません。
1社との契約になります。自分で買い手を見つける営業活動は認められています。
契約の有効期間は3か月です。もし、3か月以上の契約を結んでしまっても
3か月に短縮されます。レインズの登録は義務で、媒介契約が締結された7日以内に
登録しなければなりません。しかし、この日数は不動産会社の休日は
含まれていないため、7営業日以内に登録ということです。
不動産会社の営業報告は義務で、2週間に1度以上の報告しなければなりません。

 

 

専属専任媒介契約

一般媒介とは違いますが、専属専任媒介契約は専任媒介契約と似ている部分が多いです。
契約名からして似てますからね(専属専任と専任)
専属専任媒介契約では複数の不動産会社と契約を結ぶことはできません。
1社との契約になります。自分で買い手を見つける営業活動は認められていません。
もし契約期間内に勝手に売ってしまうと違約金がかかります。
また、自分で買い手を見つけたとしても不動産会社に仲介手数料を支払います。
専属専任媒介契約の有効期間は3か月です。もし、3か月以上の契約を結んでしまっても
3か月に短縮されます。レインズの登録は義務で、専属専任媒介契約が締結された5日以内に
登録しなければなりません。しかし、この日数は不動産会社の休日は
含まれていないため、5営業日以内に登録ということです。
不動産会社の営業報告は義務で、1週間に1度以上の報告しなければなりません。
専属専任媒介契約は専任媒介契約と似ていますが、それよりも拘束力が強い契約になっています。

 

 

一括査定サイトの説明

 

一括査定サイトは優良な不動産会社を探すための第一歩です。
なぜ利用するかというと、一括査定サイトに掲載している不動産会社は
サイト側が選んで契約した会社ですので、掲載していることが優良の証ということになります。
しかし、もちろん、一括査定サイトであれば何でも良いというわけではありません。
サイトごとに運営歴や信頼性に違いがあるので、サイト選びも重要です。

 

「マンション専属専任と一般との違いを説明(専任との違いも)」編集部がネット上の
アンケート機能を使い、人気トップの一括査定サイトを紹介します。
これらのサイトは間違いありません。

 

専属専任媒介契約は決まり事が多い一方で締結した不動産会社の頑張りに期待しましょう。
あなたのマンションを独占して販売できるので、売れることに違いないですが、
専属専任媒介契約の選択は正しかったのかという少しの不安も出てきます。
専属専任媒介契約の契約期間は3か月ですので、経過後に
契約形態をチェンジするという手もあります。その場合は考えてみてください。

 

 

マンション売却・マンション査定の一括サイト「イエウール」の運営会社紹介

株式会社Speeeが運営する「イエウール」は国内最大の一括査定サイトです。
これまでにサイトを利用した人は450万人で、顧客満足度は驚異の98%です。
また、サイトに参画している不動産会社の数も900社と非常に多いので、
取引先からも信頼されていることが分かります。本社の住所は東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階と
東京都港区六本木2-4-5 興和六本木ビル2階の2ヶ所です。
事業内容としてはイエウールをはじめとするインターネットメディア事業・Webマーケティング事業です。
資本金は13,015,000円、代表者は大塚 英樹氏です。
イエウールは、マンション・家・土地などの不動産を信頼できる不動産会社に一括で査定できるサイトです。
当サイトに参加している不動産会社は選りすぐりの売却実績豊富な不動産売却のプロ集団ばかり。
はじめてマンションを売る方にも安心して、査定の依頼ができ、あなたのマンション売却を全力でサポートしてくれます。
マンション売却・マンション査定ならイエウールで間違いありません。ぜひご利用ください。

 

 

 

マンション売却査定.com「シースタイル」の運営会社紹介

マンション売却査定.com「スマイスター」を運営している会社の紹介です。
「株式会社シースタイル(C-STYLE CO.,LTD.)」といい、本社は東京都中央区日本橋堀留町にあります。
東京の本社の他に大阪支店が大阪府大阪市北区南扇町と
福岡支店が福岡県福岡市博多区博多駅東にあります。
代表取締役は、川合大無氏で事業内容は、不動産メディア事業やインターネット広告、
ホームページ制作、システム開発などを主にしています。
設立は2004年1月で、資本金は31,000,000円の会社です。マンション売却査定.com「シースタイル」は、
北は北海道から南は九州・沖縄までを網羅しており、日本全国のどこに売りたいマンションがあっても利用することができます。
主要取引先には、「積水ハウス株式会社」、「三井住友トラスト不動産株式会社」、
「大成有楽不動産販売株式会社」、「住友不動産株式会社」、
「三菱地所ハウスネット株式会社」など一流大手が名を連ねています。
専属専任媒介契約が得意な会社ですが、専属専任媒介契約でなくても査定は可能です。
マンションを売却する際にきちんとした運営をしているか気になるところですが、
スマイスターはマンションを売りたい人と不動産会社を仲介している存在で信頼できる企業です。

 

 

 

SBI不動産一括査定(SBIライフリビング)の運営会社紹介

物件の取引を行う際に一括査定を無料で依頼することができるサービスを行うSBI不動産一括査定ですが、
いくら人気があっても運営会社が悪ければ使いたくないという方もおいでるのではないでしょうか。
口コミが良かったとしても確かに運営側が不明瞭なところだと
物件取引後に何か悪いことでも起きるのではないかと心配されるのは当たり前のことです。
ではSBI不動産一括査定の運営会社は信頼における会社なのでしょうか。
SBI不動産一括査定はSBIライフビリングという名前の会社が一括査定としてサービスを行っています。
あまりIT企業に詳しくないという方にとっては聞き覚えのない会社かもしれませんが、
東証マザーズにしっかりと上場していて証券コードも8998と大企業なので信頼度はあるでしょう。
1990年二月ごろに設立された会社でもあるのでIT会社としても歴史や実績のある会社です。
その会社が培ってきた知識を十二分に活用している一括査定を行ってくれます。
SBI不動産は専属専任媒介契約でも専属専任媒介契約でなくても契約することができます。
この際は思い切って専属専任媒介契約で締結するのもありかもしれません。
これでもまだ不安だという方は実際にSBIライフリビングについて公式サイトなどで詳しく調べてください。
その運営側のことを知っているか知らないかでは物件取引がうまく行くかどうかにも関わってくるので、
情報はできるだけ持っておくといいでしょう。

 

 

>>業者のランキングはトップページに掲載しています!