不動産売却はローンが残っていても

不動産の売却はローンが残った状態でも可能なのか

不動産を購入したときに住宅ローンを組むと
その不動産を担保にしてローンを組むということになるので
購入した不動産には抵当権が設定されます。

 

「抵当権」とは
担保にした不動産を抵当権の設定した後に関しても所有者に使用せがら
万が一返済が滞ったケースなどに競売にかけて売却でき、
その売却金額から他者よりも先駆けて優先的に弁償してもらう権利。

 

不動産を売却すると、最後に所有権を移転させる手続きを行いますが、
普通は所有権の移転前に、設定した抵当権を抹消させなくてはなりません。

 

ですので、住宅ローンを全て返済したあとに抵当権を抹消しないことには
不動産の売却はできないことになります。
けれども、通常は不動産の売却金額をローンの残債に充当するケースがほとんどです。
よって、売却金の受け取りと、残ったローンの返済、そして抵当権の抹消を一緒に処理しますので、
不動産を売却する行為はローンに残債がある場合でも進めることができます。

 

不動産の売却金額がローン残債よりも安いときはどうする?

不動産の売却しても、その金額がローン残債よりも安くなると困りますよね。
こういった問題を抱える方がとても多いので、この機会に説明・解説させて頂きます。

 

 

不動産の売却はローンが残ってても大丈夫!

 

 

ローンの残債分を自分が持っているお金で補うことができれば問題ないのですが、
人によって残債や支払い能力は異なるので一概には言えませんが、ほとんどが不可能です。
そこで、その場合どうするのかということなんですが、
解決策としては「買い替えローンを利用すること」です。
これは、不動産の売却後に新しく住宅ローンを組むのに、
支払い中の住宅ローンも上乗せした合計金額でローンを組むという商品です。
※「買い替えローン」と文中では紹介していますが、金融機関によっては「住み替えローン」と呼んだりもします。

 

 

 

 

契約(仲介)する不動産会社はローンに詳しい会社が望ましい

ローンの残債だけでは組めませんので、新居を購入する場合にのみ適用されます。
つまり、実家に引越しする場合や賃貸マンションに住む場合は無理ということですね。
また、ローン加入条件や金利などは金融機関により異なりますので、
どこの銀行がいいのか等のアドバイスをくれる不動産会社と契約しましょう。

 

しかし、ローンを組むことになったとしても、現在の不動産の価値を知っておかないことには
住宅ローンを返済可能かどうかは分かりませんので、まずは無料査定を依頼したほうが良いです。
不動産会社によっては査定は異なってきますので、
買い替えローンや税金関係の制度に精通している不動産業者を自分で探し回るのは時間と労力がかかるので大変です。
そこで、複数の不動産会社を一括して査定できる「不動産一括査定サイト」を利用すると便利です。

 

不動産売却の一括査定サイトおすすめ

インターネットで複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるwebサービスのことです。
1社ずつに査定を依頼すると、長い時間が必要になりますが
不動産売却の一括査定を利用すると、ほんの数分だけで最大6社からの査定を依頼できます。
利用しないよりも利用した方が無料で便利なので断然お得です。
不動産を売却する時は一括査定サイトを利用するようにしましょう。

 

人気ランキング2年連続1位で顧客満足度は98%を獲得!無料査定の決定版「イエウール」
もしくは
丁寧なフォロー体制で初めての方でも安心して売却できると評判!不動産売却サイト「イエイ」

 

これらの2サイトを使うことで、最大10社ほどから査定が届きます。
ぜひ今の不動産価値を知っておきましょう。

 

 

 

不動産売却時のローンについて:基本情報おさらい

査定の値段が、自分の思っていた金額よりも高くない場合には、拒否しても問題ありません。
不動産の査定を受けることが決まったら、
さて不動産の傷・汚れ・外装を直したらいいのか放置するのか判断できないケースもありそうです。
わずかな傷で自分で直せるようなものは、不動産を売る時に買取と仲介を選ぶなら、
高く売りたいと考えるなら仲介です。

 

 

 

不動産売却時の訪問査定とは

仲介の場合は買取よりも安く手放すことになる可能性が高いです。
仲介時には評価されない部分が買取なら評価されることも多いです。
特に事故者を売却する場合は、仲介だと評価がかなり低く、
不人気の物件費用を請求されることがないとは言えません。

 

不動産契約切れの不動産については査定はどうなるかというとむろん、
査定を受けるのに問題はありませんが、
ただし不動産契約を通していない不動産の場合店舗管理は不可能ですから訪問査定を受けることになります。
実際のところ不動産契約をちゃんと通してから売却しようとするより、
不動産契約は通さないまま買い取ってもらう方が、
不動産契約代を考えると相当お得なはずですので、さっくりと訪問査定を受けることに決めてしまいましょう。

 

とは言っても、不動産の状態で変化するため絶対に相場通りに売れるとは限りません。
さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前に不動産の掃除を念入りにし、
不動産内もきれいに掃除しておきましょう。また細かいことですが
不動産の掃除に際しては外装のみならず物件まわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。

 

 

 

不動産会社の大手企業や地元企業のメリット・デメリット

訪問査定についてももちろん、複数の業者を使うようにすると少々手間ですが
それを上回るメリットがあります。実物の不動産を査定する段において、
文字通り買取業者が訪問してくる訪問査定の利用者も多数います。
業者に持ち込まずに査定を受けられるから助かりますし、話し行くための運転をしないので当然燃料代もただです。

 

しかしながら、性格的に交渉事を嫌うタイプであれば自宅まで業者に訪問してもらう形よりも、
自分で買取業者のお店まで運転して査定を受けるべきかもしれないです。
「わざわざ来てもらったのに悪かった」等そういう負い目の感情を持つと、買取を断れなくなるかもしれません。
インターネットを使うことで、不動産の査定額の相場を調べられます。
不動産買取業者の中でも大手のサイトなどで、不動産の買取価格の相場が調べられます。
相場を調べておくことで、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、
事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。